転職の学校

小手先でない、キャリアの生存戦略

転職活動はあなただけのドラマ

f:id:tengaku0119:20200202224923j:plain

 

目次

 

転職活動に正解はない!

日々、求職者の方と会話をしていると、「何をすればいいのですか」と正解を求めておられる事が多いです。

結論から言うと、転職活動に正解は存在しません!

ただし、転職は単なる結果に過ぎませんが、転職活動は「あなただけのドラマ」でもあります。

明日とあさって、来週に何を食べるかが決まっていないように、転職活動も未来のことなので、それはもうめちゃくちゃ動的なものです。

 

そんな可変的で動的・変則的な転職活動においては、普遍的な正解は存在しません!

だからこそ、アドバイザーに話しをすることや、ご自身で情報を取捨選択する必要が出てくるのが転職活動です。

ただ、忘れてほしくないのは、転職活動はとても自由なことであるということです。

あなたの「選択」こそが自身の人生の軌跡を描き、たったひとつのストーリーを創り出すものです。

 

転職は単なる結果、転職活動こそ「あなただけのドラマ」

転職というと、企業そのものがイメージされがちですが、実際求職者の方も、対企業のイメージを強く持っておられると感じています。

でも実のところ企業も人の集まりです。

自分と企業の担当者、それからキャリアアドバイザー、身近な相談をする人、同時期に選考を受けている人々、言われてみれば総じて人しかいないので、ことさら「正解」がないものとなります。

 

自分という船の舵をとろう

このような事実があるため、どうしても簡単でとっつきやすい「転職はこうするべきだ!」のべき論であったり、平面的かつ画一的な情報が先行してしまうことがあります。

けれど転職活動においては、あなたの意思が羅針盤であり、あなたの選択が航路となります。全てが自由であるからこそ責任が有る、と言っては大仰しいですが、あなた自身があなたという船の舵を握りしめることでのみ、人生を大きく変える機会を手にできることは、どうか覚えておいて欲しいと感じています。

 

「転職の学校」においては、可能な限りわかりやすく情報を体系化していく一方で、

転職や転職活動の生々しいリアルも伝えていきたいと考えています。

 

本日はここまで。最後までお付き合いくださりありがとうございました。